カテゴリー別アーカイブ: 過去のイベント

大野城 心のふるさと館 作品展 終了しました。

今回の展示は、開館間もない、大野城心のふるさと館の一階、広々とした「ジョーホール」に、金澤翔子さんの書を15点、彼女の生い立ちから現在までの物語と共に展示いたしました。

作品展をするたびに、必ず、彼女の書の前で佇み涙ぐむ人が何人かいらっしゃいます。自分も最初に彼女の書に触れたとき、悲しいのではなく、感動というのでもくくり切れない何かに胸を打たれたのでしょう、はらはらと涙が落ちていました。

それから八年間、その何かを考え続けて、自分なりに思うところにたどり着いてはいます。だからこそ、翔子さんの書を一人でも多くの人に見ていただき、一点でも多く世間に氾濫させたいと思っているのです。

太田宏介さん、工房まる、JOY倶楽部・アトリエブラヴォー、Like Labo・スタジオヌッカで活躍中の、障害のあるアーティストたちの絵画を18点、作家のプロフィールとポートレートと共に展示いたしました。障がいの有無ではなく、一人一人の人間性を感じて頂けましたでしょうか? 命はすべて、共にあるのですね。

 

心のふるさと館は、大野城市の市民ミュージアムとして、2018年7月21日、まどかぴあ の向い側に開館しました。外観も中のレイアウトも素晴らしく、個人や団体が企画・提案し市と協働して行う「つながる事業」を募集して、まちのにぎわいや人の交流を図っています。

ここふるショップのランチもとても美味しくいただきました。

どうぞ、お出かけ下さい。

わたしたちの物語 in 大野城心のふるさと館

※このイベントは終了しました

金澤翔子さんの書と障がいのあるアーティスト達の作品展を開催します。

今、障がいのあるアーティストの作品が注目を浴びています。
想像を超える色使いや、形、線に、思わず笑顔がこぼれますよね。
計算されない表現に、なぜかほっとしてしまいます。
アーティスト紹介のキャプションも展示しますので、
ぜひ作品に会いにきてください。
2019年のカレンダーや、展示作品のご予約も承ります。

11月25日には、まどかぴあ・大野城心のふるさと館にて、ふくしフェスティバルも開催されますので、ぜひおでかけください。

入場無料です。

期間:2018年11月20日(火)~11月25日(日) 9:00~19:00
場所:大野城心のふるさと館1Fジョーホール 福岡県大野城市曙町3-8-3 tel.092-558-5000
共催:アート企画、大野城心のふるさと館
協力:絵届け問屋kousuke、工房まる、アトリエブラヴォ、スタジオヌッカ、ワークオフィス絆結

 

 

創造館10年の歩み「共に生きる」終了しました

金澤翔子さん、お母様の泰子さんをお迎えしての、創造館クリエイティブハウス10周年の記念イベントは、ホール満席となるお客様をお迎えして、無事終了いたしました。

「翔子さんと一緒に歌って踊ろう」では、今回マイケル・ジャクソンの衣装を用意しての、渾身のダンスでした。共演した あきさんバンド は創造館を利用されている障がい者・高齢者の中で、音楽好きの仲間で結成されたバンドです。会場からもたくさんの方がステージに上がり、手話と共に、歌い踊った楽しいステージになりました。

大勢のスタッフの方々の手厚い介助のもと、重度の障がいの方やご高齢の方々も、一緒にイベントを楽しみました。スタッフの皆さま本当にお疲れさまでした。

NPO法人列島会他、今回ご協力いただいたグループでは、たくさんの障がいのある方々の雇用を実現し、自立支援を担っておられ、「共に生きる」社会となっています。これからこのような事業所が全国に広がっていくことを切に願います。

アート企画は今後とも、日常の活動を通して、応援してまいります。