カテゴリー別アーカイブ: 魂の書家 金澤翔子

金澤翔子さんの作品に会える場所@福岡①

アート企画が金澤翔子先生の書と関わって8年になりますが、九州エリアで個人様、企業様などに数々の作品を納めさせていただいています。
皆さまもご覧いただける、企業様などの所蔵作品をここにご紹介いたします。
機会がございましたら、ぜひ足をお運びください。

 

●萬松山 承天寺 「共に生きる」
福岡市博多区博多駅前1-29-9

創建780年の、臨済宗の歴史ある寺院。山笠の起源とされ、うどんや饅頭の発祥地でもあります。ご住職の神保至雲氏のご尽力の元、承天寺では、博多織の求評会、美しい石庭のライトアップ、演劇やコンサートなど、様々な文化の発表の場として、親しまれています。
「共に生きる」は、2016年金澤翔子氏の個展開催を記念に奉納させて頂きました。

 

●プレジデントホテル博多1F 和創作呑処 暖音(かのん) 「心音」
福岡市博多区博多駅前1-23-5 Tel. 092-441-8833

博多駅から徒歩7分。ゆったりとした店内に、九州の郷土料理など素材にこだわったお料理。「時を忘れ楽しむことができる空間」です。
プレジデントホテル博多のオーナー友杉氏は、自他ともに認める根っからの「山男」で、毎年山笠のシーズンは、お祭りでにぎわっています。
「心音」こころのおと 良い響きですね。

 

●暖 dan 「暖」
福岡市博多区中洲3-4-6 多門ビル83 6F Tel. 092-261-2130

中洲・多門ビルに開店して5年になる落ち着いたお店です。
オーナーのなるみさんは、着物の良く似合うキリッとした女性です。
カラオケがないので、会話がゆっくりと楽しめる空間を提供しています。
「暖」を掲げて頂いたことで、「心が引き締まる思いです。これからも頑張ってまいります!」との事でした。
額装には、初めて献上柄の博多織を使いました。
お店にとてもマッチしていると評判のようです。
ぜひ一度足をお運びいただいて、なるみさんのおもてなしと書をご堪能下さい。

博多織 献上柄のモチーフとなった、
華皿(左)と独鈷(右)