JAZZアート 「カウント・ベイシー」

Count Basie(1904~1984)

59625_1024_876

ニュージャージー州生まれ。20年代にカンザスシテーでウォルター・ペイジのブルー・デヴィルス、ベニー・モーテン楽団へ参加した後、35年に自身のバンドを結成し、シカゴを経てニューヨークへ進出。優れたリーダーとして、、また極端に少ない音数で間を生かすスタイルのピアニストとして、常にバンドを強烈にスイングさせ続けた。

1973年11月29日 大阪のホテルで朝食後のひととき

この数日前にあった松山のコンサートの後には、tp: Waymon Reed、ts: Harold Ousleyがキャバレーの私のバンドで一緒に演奏してくれた。

この後、バスで京都へ向かったが、メンバーやロードマネジャーに誘われて私もバスに乗り京都へ。京都・都ホテルのレストランでベイシーお父さんにステーキをご馳走になった。夢のような話でしょ。


額寸:73cm×55cm ¥48,000(税別)