JAZZアート 「オーネット・コールマン」

Ornette Coleman(1930~)

59627_250_367

※売約済み

テキサス州生まれ。最初テナー・サックスを始め、アルト・サックスに転向。アトランティック・レコードから「フリー・ジャズ」といった実験的な作品を発表。オーネットが生み出した新しい音楽は賛否両論となり、マイルス・ディビスやマックス・ローチからは批判された。しかし、彼の先進性はフリー・ジャズという新たな流れを生み出していった。

1967年10月10日 大阪フェスティヴァルホール

トリオ(as,bass,drums)で来日したが、ドラマーが入国で引っ掛かり、日本のドラマー 小津昌彦氏が日本公演に参加した。後に小津さんにLiveで来松した折、その時のお話を打ち上げパーティで聞くことが出来た。「正直云って、さっぱりわからなかった、最後まで・・・」とのことだった。


額寸:73cm×55cm ¥48,000(税別)