暮らしの中にアートを!

アート企画は、質の高い美術品を、日々の暮らしの中に置いていただくことをご提案しております。

豊富な品揃えをして来客を待つ百貨店や、ギャラリー型ではなく、クオリティを確信した作品に特化して、個展や展示会、カタログ等を通して販売をさせていただきます。 

特に、書をはじめとする日本の歴史と伝統に育まれた素晴らしい文化を現在の暮らしに活かし、次世代に伝統文化の継承ができるような企画を立ててご案内いたします。

今、書が面白い

今、人々の「絆」や日本人らしさ、民族の伝統の文化などがクローズアップされていますが、日本語の美しさや、中でも書は国内のみならず、海外でもちょっとしたブームのようです。 墨の濃淡、線の妙、形のバランス、そして何よりメッセージがまっすぐに胸に届きます。

金澤翔子さんの作品は、見る人の心を和ませ美しくします。伝統の京唐紙や、西陣織で額装された彼女の書は、日本のリビングに良く似合う!

アート企画は、金澤翔子さんを応援しています。    魂の天才書道家 金澤翔子

51015_1024_57451014_1024_574

わたしたちの物語 in 大野城心のふるさと館

金澤翔子さんの書と障がいのあるアーティスト達の作品展を開催します。

今、障がいのあるアーティストの作品が注目を浴びています。
想像を超える色使いや、形、線に、思わず笑顔がこぼれますよね。
計算されない表現に、なぜかほっとしてしまいます。
アーティスト紹介のキャプションも展示しますので、
ぜひ作品に会いにきてください。
2019年のカレンダーや、展示作品のご予約も承ります。

11月25日には、まどかぴあ・大野城心のふるさと館にて、ふくしフェスティバルも開催されますので、ぜひおでかけください。

入場無料です。

期間:2018年11月20日(火)~11月25日(日) 9:00~19:00
場所:大野城心のふるさと館1Fジョーホール 福岡県大野城市曙町3-8-3 tel.092-558-5000
共催:アート企画、大野城心のふるさと館
協力:絵届け問屋kousuke、工房まる、アトリエブラヴォ、スタジオヌッカ、ワークオフィス絆結

 

 

創造館10年の歩み「共に生きる」終了しました

金澤翔子さん、お母様の泰子さんをお迎えしての、創造館クリエイティブハウス10周年の記念イベントは、ホール満席となるお客様をお迎えして、無事終了いたしました。

「翔子さんと一緒に歌って踊ろう」では、今回マイケル・ジャクソンの衣装を用意しての、渾身のダンスでした。共演した あきさんバンド は創造館を利用されている障がい者・高齢者の中で、音楽好きの仲間で結成されたバンドです。会場からもたくさんの方がステージに上がり、手話と共に、歌い踊った楽しいステージになりました。

大勢のスタッフの方々の手厚い介助のもと、重度の障がいの方やご高齢の方々も、一緒にイベントを楽しみました。スタッフの皆さま本当にお疲れさまでした。

NPO法人列島会他、今回ご協力いただいたグループでは、たくさんの障がいのある方々の雇用を実現し、自立支援を担っておられ、「共に生きる」社会となっています。これからこのような事業所が全国に広がっていくことを切に願います。

アート企画は今後とも、日常の活動を通して、応援してまいります。

金澤翔子さん in 戸畑

※このイベントは終了しました

NPO法人列島会 創造館クリエイティブハウスの主催で、金澤翔子さんをお迎えして、障がいのあるなしや年齢にかかわらず、共に楽しい時間を共有するイベントを開催します。

創造館は、障がい者、高齢者、リハビリテーション専門学校の学生がひとつ屋根の下に住み、世代やライフスタイルを越えた「新しい暮らし」の創造を追求しており、入所者と通所者の作業が、見事に循環する取り組みを始めて10年になります。

また、アート活動の歴史も長く、パラリンアート サッカーアートコンテストで金澤翔子賞を受賞した、伊藤彬さんという人気アーティストも生まれています。その創作活動から生まれた、沙織ARTや、陶芸、絵画作品なども、展示販売されますよ。

今回のイベントでは、10周年を記念して、金澤翔子さんを自立へと導いたお母様の泰子さんを囲んで、障がいのある子どもを育てているお母様方と、心身ともにバリアフリーで「共に生きる」社会を目指してのシンポジウムも開催されます。

お近くの方も、遠くの方も、広くその活動を知っていただきたいと思います。
皆さまのご来場を、スタッフ一同心よりお待ちしております!

■日時:2018年10月26日(金) 13時~
■場所:ウェルとばた 大ホール
■料金:前売800円 / 当日1000円 
    ※障がい者手帳ご提示で、ご本人と介助者1名様無料
    ※高校生以下無料